RYAMA(リャマ)blog!

個人的に気になったニュースをまとめたブログでございます。 暇つぶしにどうぞ

    カテゴリ: 政治

    スクリーンショット 2020-08-29 13.56.13


    1: potato ★ 2020/08/29(土) 03:24:01.79 ID:iKb/lg4S9
    安倍総理大臣は、記者会見で、持病の潰瘍性大腸炎が再発し、国民の負託に、自信を持って応えられる状態でなくなったとして、総理大臣を辞任する意向を正式に表明しました。

    安倍総理大臣は、記者会見で、新型コロナウイルスの今後の対応などを説明したあと、みずからの健康状態に言及しました。

    この中で、安倍総理大臣は、「ことし6月の定期検診で持病の潰瘍性大腸炎の再発の兆候がみられると指摘を受け、薬を使いながら全力で職務にあたってきたが、先月中頃から、体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する事態となった。今月上旬には、再発が確認された」と明らかにしました。

    そして今後の治療について、「現在の薬に加え、さらに新しい薬の投与を受けることにし、今週24日の再検査では、薬の効果は確認されたものの、継続的な処方が必要であり、予断は許さない状況だ」と説明しました。

    その上で、「政治においては、最も重要なことは結果を出すことだ。病気と治療を抱え、体力が万全でない苦痛の中、大切な政治判断を誤る、結果を出せないことがあってはならない。国民の皆様の負託に、自信を持って応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することとする」と述べ、総理大臣を辞任する意向を正式に表明しました。

    また、辞任を決めたタイミングについて、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、「悩みに悩んだ」とした上で、▽7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、▽冬を見据えた対策を取りまとめられたことを理由に挙げて、「新体制に移行するには、このタイミングしかない」と説明しました。

    そして、「様々な政策が実現途上にあり、コロナ禍の中、職を辞することについて、国民の皆様に、心より、心より、お詫び申し上げる」と謝罪した上で、「拉致問題をこの手で解決できなかったことは痛恨の極みだ。ロシアとの平和条約、憲法改正、志半ばで、職を去ることは断腸の思いだ」と述べました。

    一方、次の総理大臣が任命されるまでの間、職務にあたる考えを示しました。

    ■「政治的空白生み出さないよう このタイミングで辞任」

    安倍総理大臣は、記者会見で、「今まで使っている薬にあわせて点滴での処方で、新しい薬を使い、2回目の時の検査で効果が出ているということだった。このままそうした治療を続けながらというのももちろん考えるわけだが、これから9月に人事があり、そして国会を開会をしていくという中で、継続的にずっと間違いなく良くなっていく保証はなく、コロナ禍において政治的空白を生み出さないようにするため、このタイミングで辞任するしかないと判断した」と述べました。

    ■「次の自民党総裁 私が申し上げることではない」

    安倍総理大臣は、記者会見で、「次の総裁が決まるまでの任期など考えると、影響を与えないのはこのタイミングしかないと判断したところだ。もちろんこの任にある限り、コロナウイルス対策に責任を持って全力を上げていきたい。幸い、いま新しい薬が効いているので、しっかりと務めていきたい。

    ■「憲法改正 党として約束」

    憲法改正について、「憲法改正4項目の案については党で決めたことであり、誰が総裁になっても、党として約束していることなので、取り組んでいくのだと思う」と述べました。

    ■「レガシーは国民や歴史が判断」

    政権の実績について、「レガシーは国民や歴史が判断していくことだ」と述べました。

    その上で「7年8か月前に政権が発足した際に『東北の復興なくして日本の再生なし』、『東北の復興に全力を挙げる』と申し上げ取り組んできた。また、働く場を作ることを大きな政策課題として掲げて20年続いたデフレに3本の矢で挑み400万人をこえる雇用を作り出すことができた。成長の果実を生かして保育の拡充、幼児教育と保育の無償化、高等教育の無償化、そして、働き方改革や、一億総活躍社会へ向けて大きく一歩踏み出すことができたと思っている」と述べました。

    ■「公文書管理 十分かどうかは国民が判断」
    ■次の総理大臣「それぞれ有望な方々」
    ■「次なる政権に対しても一議員として協力」

    2020年8月28日 18時04分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200828/k10012588961000.html?utm_int=news_contents_news-main_001



    【安倍首相、辞任表明 でみんなが思うこと】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-08-24 3.36.37


    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/22(土) 18:48:54.89 ID:7Y0orh0l9
    毎日新聞と社会調査研究センターが22日に実施した全国世論調査では、携帯電話での回答者に「次の首相にふさわしいと思う人」を1人挙げてもらった。トップは携帯回答者735人のうち111人が挙げた自民党の石破茂元幹事長で、河野太郎防衛相が83人で2位に入った。

    全文はソース元で
    https://mainichi.jp/articles/20200822/k00/00m/010/126000c

    【【毎日新聞世論調査】「次の首相」安倍首相2→4位に 健康不安影響か 首位は石破氏】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-08-24 1.41.03


    1: ばーど ★ 2020/08/22(土) 10:44:06.70 ID:D+vMHNm19
    菅氏、GoTo批判に反論「やらなかったら大変なことになっていた」

    菅義偉官房長官は21日のテレビ朝日番組で、新型コロナウイルス対策を巡り、政府の観光支援事業「Go To トラベル」は時期尚早などとする批判に反論した。「やらなかったら大変なことになっていた。地域の活性化に少しは役立ってきている」と述べた。

    政府のコロナ対策に関し「国民の命と健康を守り、社会経済活動と両立させていく。それをしないと国が立ちゆかなくなる」と理解を求めた。

    自身が「ポスト安倍」候補として注目度が増していることに絡み、最終的に首相を目標とするかを問われ「考えていない」と重ねて否定した。

    2020.8.21 23:25 サンスポ
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200821/pol20082123250002-n1.html

    ■関連スレ
    【岩手県】達増知事「GoToトラベル、失敗と言っていい」 ★3 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598058449/

    【【菅官房長官】GoToトラベル「やらなかったら大変なことになっていた」】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-08-19 6.39.16


    1: Toy Soldiers ★ 2020/08/16(日) 09:54:56.10 ID:kPglQ7C/9
     中国共産党系の環球時報(電子版)は8日、中国の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告していたことが分かったと報じた。

    環球時報によると、ロイター通信は7日付の記事で、「日本のTBSが7日、日本政府関係者の話として伝えたところによると、TikTokの禁止は二国間関係に大きな影響を与えることになると中国が日本に警告した」と伝えた。

    ロイター通信は、日本の与党・自民党の議員連盟が、TikTokについて、利用者の個人情報が中国政府に渡るおそれがあるとして、規制に向けた法整備を政府に求める方針であることを紹介した上で、「日本の外務省からのコメントは得られていない。日本政府もTikTokの禁止を検討していると明言していない」と伝えている。

    環球時報は、こうしたロイター通信の報道を取り上げた上で、「トランプ米大統領がTikTokについて、利用者の個人情報の流出を理由に使用禁止を表明すると、日本の埼玉県、神戸市、大阪府は相次いで、TikTokの使用やアカウント更新を停止すると発表した」と伝えている。

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-826426/

    【【よほど】中国、日本に警告「TikTok禁止は日中関係に大きな影響与える」】の続きを読む

    スクリーンショット 2020-08-13 14.26.38


    1: エントモプラズマ(愛知県) [CZ] 2020/08/12(水) 16:53:06.79 ID:+OjRyaP70● BE:156193805-PLT(16500)

    自民党衆院議員の野田聖子氏が10日に更新したブログで、9歳長男の吐血が1週間続いたものの病院に行かずに完治したことを報告した。
    野田氏は5日に更新したブログで長男について「出血が止まらない」などと記していた。

    野田氏は「職場の平均年齢が、約60歳。もちろん友人たちも、中高年。特に今年は、還暦てんこ盛り」と周囲を見渡し、「そんな私のこどもはたったの9歳」とまだまだ幼いことをつづった。

    「だから、毎度病気するたびに、ハラハラ。だけど親が勝手に思っているだけで、本人は意外と強い…で、今回も吐血が1週間続いたけれど、病院のお世話にならず、完治! 案じてくれたみんなに感謝です」と吐血が止まったことを報告し、周囲に感謝した。

    続けて野田氏は「ホッとしたのも束の間、 いきなり転倒し、頭を軽~く切っての出血!本人、だいじょうぶだからと言ってます。鉄母、寿命がまた縮んだ」と母としての心境を表した。
    「コロナウイルスで先がみえないから、不安になるけれど、こどもたちの強さ明るさを信じて、前を向くしかないのだ」と言い聞かせた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/08/11/0013593966.shtml

    【野田聖子氏 9歳長男、吐血1週間続くも病院行かず。。】の続きを読む

    このページのトップヘ